被爆者と一緒にお話しに行きませんか?

「ヒロシマ・ナガサキを受け継ぐ会(準備会)」では毎月一回、東京都内在住の被爆者を少人数で訪ねて、一緒にお話する集まりをもっています。




[PR]



2006年10月18日(Wed)
被爆者と一緒にお話しに行きませんか?
「ヒロシマ・ナガサキを受け継ぐ会(準備会)」では毎月一回、東京都内在住の原爆被害者(被爆者)を少人数で訪ねて、一緒にお話する集まりをもっています。

次回は10月21日(土)の午前10:00〜12:00、葛飾区にお住まいの友谷幾さん(93歳=32歳の時に広島で入市被爆)を訪ねます。
友谷さんは、葛飾の被爆者の会の会長さんで、詩吟や麻雀など趣味も多彩で93歳ながら毎日出歩いている元気なおばあちゃんです。

参加を希望する方は、urespa99@hotmail.com(布施)までご連絡ください。なお、当会では、ゆっくりと被爆者のお話を聞き、質問や意見交流などもできるよう、参加人数は10人以下と制限させていただいています。


   


毎月第3木曜日18:30〜     上野御徒町にて開催中
 被爆者の声をうけつぐ交流会          関心ある方どなたでもどうぞ


新着トラックバック/コメント

ヒロシマ・ナガサキの被爆体験を持たない私たちは、体験者の証言や思いを、どう受け継ぎ伝えていくことができるのでしょうか? そもそも、体験のない者がヒロシマ・ナガサキを継承するとは、どういうことなのでしょうか?

カレンダ
2006年10月
18
       

アーカイブ
2006年 (19)
8月 (5)
9月 (1)
10月 (10)
11月 (2)
12月 (1)
2007年 (19)
1月 (2)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (2)
11月 (1)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:8
昨日:14
累計:158,149