5月11日(金)18時30分〜「被爆者の声をうけつぐ映画祭」プレイベント開催






[PR]



2007年05月02日(Wed)
5月11日(金)18時30分〜「被爆者の声をうけつぐ映画祭」プレイベント開催
「被爆者の声をうけつぐ映画祭」(6月2日〜9日御茶ノ水・明治大学)にむけたプレイベントが、詩人のアーサー・ビナードさんを迎え5月11日(金)都内で開催されます。
  
■日時:2007年5月11日(金)18:30開場、18:40開演

■場所:明治大学リバティタワー1階リバティホール
 (御茶ノ水駅・水橋口 徒歩3分)
 http://www.meiji.ac.jp/campus/surugadai.pdf

■主なプログラム
 ○メイン講演 
 「石に刻む線」 アーサー・ビナード(詩人) 
  1967年、米国ミシガン州生まれ。コルゲート大学英米文学部卒。90年に来日、日本語での詩作を始める。詩集『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞受賞。絵本に『ここが家だ――ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社刊)など多数。
 ○映画祭上映作品の紹介(映画祭実行委員会)
 ○「今こそ日本の映画で核廃絶の力を」山田和夫(映画評論家)
 ○うたと演奏(「夏の朝」他)田中ルミ子(シンガーソングライター)http://www.melodist.net/

■参加費:無料
■定員:500名(先着順)
■主催:明治大学軍縮平和研究所・被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会
■協賛団体:株式会社ミノファーゲン製薬・日本原水爆被害者団体協議会・被爆者の声をうけつぐプロジェクト50

■開催趣旨
 日本映画には、広島と長崎における原爆被爆体験、そしてビキニ環礁における日本漁船の被爆体験を題材に描かれた作品が多数あります。しかも、被爆者の貴重な証言や映画スタッフの丁寧な取材に支えられた記録的にも優れた作品が多く、過去の作品でも被爆体験を知る上で、あるいは語り継ぐ上で今でも大きな力を持っています。
 明治大学軍縮平和研究所と被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会では、そうした作品を特集する映画祭「被爆者の声をうけつぐ映画祭〜被爆者は預言者、人類の宝〜」を開催することとしました。
 この度、映画祭を開催するにあたって、5月11日に映画祭の呼びかけ人であり、詩人のアーサー・ビナードさんを迎え、プレイベントを開催することとしました。皆さまのご来場をお待ちしております。

■問合せ先
 (企画内容)映画祭実行委員会
     eigasai@gmail.com http://eigasai.exblog.jp/
 (場所)明治大学軍縮平和研究所
     muidps@gunsyuku.org


   


毎月第3木曜日18:30〜     上野御徒町にて開催中
 被爆者の声をうけつぐ交流会          関心ある方どなたでもどうぞ


新着トラックバック/コメント

ヒロシマ・ナガサキの被爆体験を持たない私たちは、体験者の証言や思いを、どう受け継ぎ伝えていくことができるのでしょうか? そもそも、体験のない者がヒロシマ・ナガサキを継承するとは、どういうことなのでしょうか?

カレンダ
2007年5月
    2
   

アーカイブ
2006年 (19)
8月 (5)
9月 (1)
10月 (10)
11月 (2)
12月 (1)
2007年 (19)
1月 (2)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (2)
11月 (1)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:10
累計:157,680