■10月15日 オープニングイベント 充実のプログラム






[PR]



2006年10月09日(Mon)
■10月15日 オープニングイベント 充実のプログラム
 「平和の危機」といわれる時代に、私たちは被爆者が身をもって語ってきたヒロシマ・ナガサキを、さらには平和への願いを「いま」どう受けとめ、どう受けついでいけばよいのでしょうか。
 来る日曜日、早稲田大学の食堂を貸しきり、写真展・シンポ・コンサート、そして交流会パーティーなどプロジェクト50のオープニングイベントを開催します。皆さま一人ひとりの参加を心から呼びかけます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
      
 「被爆者が声をあげて50年 受け継ごう、その声を」

2006年10月15日(日)
  早稲田大学・大隈ガーデンハウス

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

□■日時・場所■□
 10月15日(日)
  早稲田大学・西早稲田キャンパス 大隈ガーデンハウス(25号館)2・3階
  ※「正門」を背に、工事中の「大隈講堂」の左奥
  http://www.waseda.jp/jp/campus/nishiwaseda.html(建物番号25)
  ◇地下鉄 (早稲田駅 徒歩5分)
  ◇JR/西武新宿線 (高田馬場駅--都営バス・学02--早大正門前 徒歩3分)
  
   11:00〜 写真展会場 開会(3階)
   13:00〜17:15 コンサート&シンポジウム 開会(2階)
   17:30〜 交流会パーティー(3階)

□■料金■□
  ★参加協力券(写真展・シンポジウム・コンサート)
   一般 1300円(当日1500円)
   学生・フリーター  800円(当日1000円)
   高校生 500円、小中学生 無料

  ★パーティー券(飲食・アルコール付)
   一般 4000円   学生以下 1000円

  ★前売りセット券(参加協力券+パーティー券) お得!
   一般 5000円  学生・フリーター 1500円
※事務局「E-mail hibakusha50@hotmail.com」にご一報いただければ、前売り券を準備します。

<タイムテーブル・出演者>
 11:00〜 写真パネル展(3階) 開場
  ★日本被団協「原爆と人間展」

  ★森住卓「核に蝕まれる地球」

13:00〜 コンサート&シンポジウム(2階) 開会
  (総合司会)田部知江子―弁護士、劣化ウラン廃絶キャンペーン

13:00〜13:20 オープニング
  ★被爆ピアノ演奏
  (曲目)祈り ほか
  (ピアノ)大和幸子 +(ギター弾き語り)岡史明

  被爆ピアノ「あの日広島で原子爆弾の被害を受けたピアノ。被爆した父の思い受け、広島在住の調律師が現在によみがえらせる。「世界共通言語の音楽通して、平和について考えてもらおう」との願いを込めて……。」

13:20〜14:35
 ●第一部 映像と証言でつづる――被爆者運動の原点といま
 (コーディネート)竹峰誠一郎―大学院生
 (出演)
  ★高橋昭博(たかはし・あきひろ)
 1931年広島市生まれ。旧制中学2年(14歳)のとき、爆心地から1・4キロメ−トルの校庭で被爆。身体の3分の1以上に大火傷を負い、1年半の闘病生活の後、九死に一生を得る。被爆者運動に当初からかかわり、1955年8月広島で初めて開催された、原水禁世界大会で広島の被爆者代表として訴え、翌年月長崎の日本被団協結成大会にも参加。いまも国内外で被爆証言活動を続ける。広島の被爆者、広島原爆資料館元館長(1979年〜1983年)。
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/peacesite/Japanese/Stage1/1-2/1-2-10J.html

  ★田中熙巳(たなか・てるみ)
 長崎の被爆者、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)事務局長。1932年旧満州生まれ。父の死後6歳で帰国、旧制中学1年のとき長崎で被爆、祖父、叔父、伯母など身内5人の命を奪われる。その後大学で材料工学の研究・教育に従事しながら被爆者運動に関わり、現在、日本被団協事務局長として活躍。


14:35〜14:50 休憩

14:50〜16:15
 ●第二部 被爆体験の継承から発信へ――平和の危機の時代に
 (コーディネート)布施祐仁―ジャーナリスト

 (パネリスト)
  ★鎌仲ひとみ(かまなか・ひとみ)http://www.rokkasho-rhapsody.com/
 映画監督(『ヒバクシャ―世界の終わりに』、『六ヶ所村ラプソディー』など)。「私は放射能というものについて考えたこともなく生きてきて、放射能と自分自身に接点があるとは考えたこともなかった。今生きている自分には関係ないことだと考えていた。イラクに出かけ、その後ある被爆者と出会う前は……」。

  ★玉本英子(たまもと・えいこ)http://apn.on.arena.ne.jp/0301/0335/
 被爆2世・アジアプレス記者として、中東の紛争地を取材する。2006年6月末イラクで日本被団協の協力を得て、原爆パネル展を開催した。そこでよせられた反響は……。

  ★井上史(いのうえ・ふみ)
 1986年長崎市生まれ、現在早稲田大学1年生。高校2年生のときに米国に留学。アメリカ史のクラスで「原爆投下のよかったことも書け」とのレポート課題がでた。原爆観のギャップに衝撃を受け、葛藤した末どんなレポートを仕上げたのか……。

16:15〜16:25 原爆症認定集団訴訟にかかわって

16:25〜16:55
 ●第三部 「プロジェクト50」成功にむけて
  プロジェクト50の紹介のほか、広く「受け継ぐ」ことに関連する「思いつき・発案・実践」を発表しあいます。私には何ができる?

16:55〜17:15 フィナーレ
  ★横井久美子(シンガーソングライター)「61年目のカミングアウト」ほか
   http://www.asahi-net.or.jp/~FG4K-YKI/

17:30〜 交流会(3階)(飲食・アルコール付)
  新たなネットワーク、アイディア、企画が生み出されることを願って……。相互にネットワークを広げる場として活用ください。
 
□■問合せ先 チケット取り扱い先■□
被爆者の声をうけつぐプロジェクト50
 E-mail hibakusha50@hotmail.com
 電話03-5807-3101  Fax 03-3834-2406(オリーブの樹法律事務所)
 〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル3F オリーブの樹法律事務所 内

*ヒロシマ・ナガサキに関心をもつ様ざまな方が、世代や思想信条を超え集まっていただきたく、みなさま一人ひとりの参加を心から呼びかけます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

市民スポンサーを募集しています!
 このプロジェクト運営資金のために多くの市民スポンサーを必要としています。
 賛同金一口1000円より
 郵便振替00120-5-183845 口座名義―被爆者の声をうけつぐプロジェクト50

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

毎月第3木曜日18:30〜     上野御徒町にて開催中
 被爆者の声をうけつぐ交流会          関心ある方どなたでもどうぞ


新着トラックバック/コメント

ヒロシマ・ナガサキの被爆体験を持たない私たちは、体験者の証言や思いを、どう受け継ぎ伝えていくことができるのでしょうか? そもそも、体験のない者がヒロシマ・ナガサキを継承するとは、どういうことなのでしょうか?

カレンダ
2006年10月
9
       

アーカイブ
2006年 (19)
8月 (5)
9月 (1)
10月 (10)
11月 (2)
12月 (1)
2007年 (19)
1月 (2)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (4)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (2)
11月 (1)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:17
昨日:12
累計:159,796